第2回市民公開セミナーのご報告

10月17日(土)15:00~17:00
第2回市民公開セミナー
「菅井貴子さんと考える!“バイオマスの可能性と私たちにできること”」
               平成27年度地域づくり団体活動支援事業

には、55名の参加を頂き、菅井さんの軽快で楽しい気象情報が盛りだくさんのお話の中、和やかに終了いたしました。 

1017全体
●NPOバイオマス北海道 町村均副理事長 挨拶

町村副理事長挨拶

♣基調講演 気象予報士・フリーキャスター 菅井貴子氏
    「菅井貴子さんと考える!“バイオマスの可能性と私たちにできること”」

1017菅井氏2「自然豊な北海道は、バイオマス資源の宝庫です。安定供給が可能なバイオマスエネルギーをもっと活用することが今後の北海道の発展に…。」

北海道が大好き、とおっしゃる菅井さんの、北海道に対する愛情溢れるトークでした。


♠バイオマス利活用の最新事例  北海道大学特任助教 藤山淳史
1017藤山氏
「あべのハルカスの地下5階には、生ごみからメタンガスを取り出し燃料として利用するバイオガスプラントがありまして…」

兵庫県朝来市の南但クリーンセンターの先進的な取組など、実際の視察を通したホットな報告を聞くことができました。


♦トークセッション「バイオマスよもやま話」

1017質疑応答右から進行役の菅井貴子氏、パネリストの藤山淳史氏(北海道大学特任助教)、同 前田慎一氏(株式会社どりーむ)、同 福間博史氏(日本データサービス)

若手のパネリストの皆さんからバイオマスの事業化についての苦労話、裏話を含め、興味深いお話を聞くことができました。


●NPOバイオマス北海道 渡部和正副理事長 挨拶
渡部副理事長挨拶

ご参加いただいた皆様には、町村農場の飲むヨーグルト、余湖農園のジャガイモをお土産としてお持ち帰りいただきました。
今後もNPOバイオマス北海道では、北海道民の皆様にバイオマスを広く知って頂く活動を続けて参ります。
バイオマスに感心がある方、ご参加をお待ちしています!

第2回市民公開セミナーのお知らせ

印刷用チラシ
北大札幌キャンパスマップ(会場:E棟)

NHKキャスターを経て、現在はUHB(北海道文化放送)「みんなのテレビ」に出演中の気象予報士・菅井貴子さんが、気象学の視点も交えながらバイオマスの可能性を語ります。
さらに、天ぷら油や生ごみなど身近な問題をテーマに、トークセッションも開催。
ぜひご参加ください。

名  称   バイオマス北海道 市民公開セミナー
開催日時   10月17日(土)15:00~17:00
開催場所   北海道大学高等教育推進機構 E310教室
入 場 料   無料
主  催   NPOバイオマス北海道
共  催   土木学会環境システム委員会
協  力   北海道大学大学院工学研究院 循環計画システム研究室
       /寄附分野 循環・エネルギー技術システム分野
協  賛   余湖農園、町村農場

プログラム
♦開会挨拶 NPOバイオマス北海道副理事長 町村均
♦基調講演 気象予報士・フリーキャスター 菅井貴子
    「菅井貴子さんと考える!“バイオマスの可能性と私たちにできること”」
♦バイオマス利活用の最新事例    
    北海道大学特任助教 藤山淳史
♦トークセッション「バイオマスよもやま話」
    進行: 菅井貴子(気象予報士・フリーキャスター)
    パネリスト: 前田慎一 (株式会社どりーむ 代表取締役、
                 NPOバイオマス北海道会員)
    パネリスト: 福間博史 (日本データサービス株式会社 技術管理室課長、
                 NPOバイオマス北海道理事)
    パネリスト: 藤山淳史 (北海道大学特任助教、NPOバイオマス北海道理事)
♦閉会挨拶 NPOバイオマス北海道副理事長 渡部和正

 当日簡単なアンケートにお答え頂くと、「町村農場」ののむヨーグルトか循環型農業に取り組む恵庭「余湖農園」の新鮮野菜先着200名様にプレゼントします!

第4回(北大)エコセーフエナジー分野シンポジウム開催のお知らせ

■趣旨 :
 地域の環境資源を有効に活用し、地域振興につなげる地域創生の考え方が広まってきました。
 特に、エコ(環境に良い)セーフ(安全)なバイオエネルギー等の再生可能エネルギーの利用は、3つの社会(循環型、低炭素、自然共生)の統合的形成および地域経済の活性化に大きな貢献をします。
 そこで本シンポジウムの第Ⅰ部では、平成24年10月に開設した寄附分野エコセーフエナジー分野の3年間の産官学の活動成果の報告をさせて頂きます。そして第Ⅱ部において、これまで4期12年間の寄附分野の活動内容を振り返ると共に、平成27年10月に新しく開設される寄附分野循環・エネルギー技術システム分野の活動にどのようにつなげていくのか、バイオエネルギー普及への課題は何なのか、パネルディスカッションを通じて、フロアの皆さんと共に、深めて行きたいと考えています。
 ■題目 :「エコセーフエナジー」から「循環・エネルギー技術システム」へ
 ■日程 :平成27年9月8日(火)13:30~17:00
 ■場所 :北海道大学 学術交流会館 講堂
 ■主催 :北海道大学大学院工学研究院
 ■共催 :土木学会環境システム委員会
 ■後援 :北海道バイオマスネットワーク会議、
      NPO法人バイオマス北海道、NPO法人最終処分場技術システム研究協会
 ■資料代:1,000円
お申込み・詳細はこちら

第3回エコセーフエナジーシンポジウム(NPO最終処分場技術システム研究協会(LSA)との共同開催)  『エコセーフなバイオエネルギーと最終処分システムのこれか ら』

1.日時場所
日時:平成27年7月16日(木)13:00~17:00
場所:全国町村会館 ホールAB(東京都千代田区永田町1丁目11番35号)

2.プログラム(予定)
開 会
開会挨拶
北海道大学循環計画システム研究室 准教授 石井 一英

第Ⅰ部 第三回エコセーフエナジー分野シンポジウム
1.基調講演
バイオマス等再生可能エネルギーを中心とした地球温暖化対策の方向性について
環境省地球環境局地球温暖化対策課 課長 土居 健太郎

2.エコセーフエナジー分野活動報告
1)寄附分野エコセーフエナジー分野の活動報告 -出版に向けて-
北海道大学エコセーフエナジー分野 特任助教 藤山 淳史
2)下水汚泥と生ごみの混合消化システムの普及に向けて
大成建設(株)環境本部環境開発部 次長 五十嵐 正
3)バイオマスのガス・熱利用
岩田地崎建設(株)営業推進本部環境ソリューション部 部長 伊藤 俊裕
4)バイオマス産業都市による地域創生 -稲わら燃料化と水素サプライチェーン-
鹿島建設(株)環境本部プロジェクト開発グループ グループ長 八村 幸一
5)質疑応答

第Ⅱ部 LSAシンポジウム ~最終処分システムのこれから~
1.特別講演① 中間貯蔵事業と最終処分場のこれから(仮題)
中間貯蔵・環境安全株式会社 代表取締役副社長 谷津 龍太郎
2.特別講演② 災害に備える最終処分場のあり方(仮題)
国立環境研究所廃棄物資源循環研究センター センター長 大迫 政浩
3)LSAの活動について
NPO最終処分場技術システム研究協会 海老原 正明

閉会挨拶
NPO最終処分場技術システム研究協会 副理事長 上田 滋夫

閉 会

プレ懇親会(ホールAB入れ替えのため)
時間:17:30~18:00頃
場所:第1会議室・第2会議室(ホールABと同じフロアー)

懇親会(意見交換会)
時間:18:00頃~19:30
場所:全国町村会館 ホールAB
会費:6,000円

【申込方法】  下記申し込み先まで、「シンポジウム及び意見交換会の出欠」、
「お名前」、「会社名」、「電話番号」、「E-mail」(様式なし)を記載の上、
FAXまたはE-mailにてお申し込みください。
お申し込みFAX番号 03-3280-5973
お申し込みE-mail    office@npo-lsa.jp

【申込締切】 平成27年7月6日(月)