第2回 地域を創るバイオマス利活用講座2019 【開催案内】

NPOバイオマス北海道では、バイオマスの利活用を検討されている自治体のご担当者、民間でバイオマス利活用の推進に取り組まれている皆様を対象として講座を2015年より開催し、地域のためのバイオマス利活用について学んできました。本年度の2回目講座は、昨年度と同様に家畜ふん尿や生ごみなどのバイオマス処理における維持管理をテーマに、より良い処理技術・システムについてどうあるべきかを専門的実務者から講演を頂くとともに、参加者と講演者との間で質疑応答を含めた全体討議を行うことに致しました。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

開催概要
テーマ『バイオマス処理施設の改修工事』
北海道ではこれまで多くのバイオマス処理施設が建設され稼動しています。その中にあってこれらの施設には十数年以上が経過する施設があり、経年変更による老朽化等で更新または大規模改修が必要となる時期を迎えていると考えられます。そこで今回の利活用講座は、老朽化等により大規模な改修工事を行ったバイオマス施設を対象に、この工事のご報告をいただくとともに、更新や大規模改修に関する計画について参加者全員で討議して頂きます。

日時  :2020年2月27日(木) 13:30~17:00(受付は13:00~)
会場   :北海道大学工学部 B31講義室(添付の会場案内参照)
参加費  :無料
プログラム:
1.総論 ~バイオマス利活用~
落合 知 氏(NPOバイオマス北海道 理事、北海道大学 特任助教)
2.砂川地区保健衛生組合 生ごみバイオガス化施設の長寿命化工事
井谷 隆志 氏(鹿島建設株式会社 北海道支店 土木プロジェクト事務所 次長)
3.鹿追町環境保全センター 家畜ふん尿のバイオガスプラントの改修工事
中村 明靖 氏(株式会社コーンズ・エージー 農機環境部バイオガスグループ グループ長)
4.質疑応答+全体討議
司会 阿賀 裕英 氏(北海道立総合研究機構 主査 )

申込など詳細は 開催案内 を参照ください。 →

開催案内(申込書)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です